HOME ≫ 組織概要 ≫ 平成30年度事業計画  


平成30年度三春町社会福祉協議会事業計画

 1.基本方針

  近年の社会環境は、他地域と同様に少子高齢化の進展や家族形態の多様化、コミュニティ機能の低下 などが進むなかで、公的制度だけでは解決できない様々な福祉課題が発生しています。

 こうした状況の中、本協議会では、高齢者、障がい者、児童等、地域で生活する町民一人ひとりを支 え、住み慣れた場所で支え合い、安心して暮らせる福祉のまちづくりの実現を目指すため、様々な事業 を町民の方々のご協力をいただきながら推進し、地域の福祉を高めて参ります。

 また、在宅福祉分野にあっては、主に介護保険制度における指定事業所として訪問介護事業、通所介 護事業、そして居宅介護支援事業等を実施しているところですが、いずれの事業においても利用者個々 の意向をできるだけ沿う形で運営を心がけ、町民から信頼されるサービスの展開を図って参りたいと考 えています。そのため、利用者の細かなニーズにより対応できるよう職員の資質向上を図るとともに、 サービスの質を確保することで安定的な経営にも努めて参ります。

 本協議会は、こうした様々な事業を積極的に行うことにより、誰もが住み慣れた地域や家族、友人、 地域住民とともに、心豊かに健康で生き生きとした生活ができる地域社会の構築に向けて努力いたしま す。

 2.地域福祉を推進するために

 1.組織・財政及び活動基盤の強化

  ○ 理事会、評議員会、監事会、正副会長会議の開催
  ○ 評議員選任・解任委員会の開催
  ○ 中期経営計画の策定
  ○ 社協会員拡充運動の推進
  ○ 財務・人事・労務管理・法務等の適切な管理
  ○ 経営基盤の確立のため福祉基金を充実
  ○ 財務状況及び活動状況の公開
  ○ 職員の研修・能力開発の充実

 2.一人ひとりが福祉への理解を深めるために

  ○ 社協だより、町広報等による福祉啓蒙活動等広報活動の推進
  ○ ホームページでの情報提供の推進
  ○ 福祉用具の貸し出し
  ○ 小・中・高等学校の福祉教育学習の推進

 3.身近な地域における福祉活動を推進するために

  ○ 各まちづくり協会福祉部会との連携
  ○ 地域福祉活動計画の作成
  ○ 要援護者、ひとり暮し高齢者、高齢者夫婦世帯等の実態把握
  ○ 歳末たすけあい運動募金配分金事業の実施
  ○ 地域活動事業費等の助成
  ○ 地域における支え合いを推進するための「生活支援サービス事業・おたがいさま」の
    実施
  ○ 高齢者世帯の生活を支援する「ふれあい収集(ゴミ個別収集)」等の高齢者世帯等
    生活環境緊急整備事業の実施
  ○ ひとり暮らし高齢者交流会の開催
  ○ ひとり暮らし高齢者お元気コール(毎週土曜日)
  ○ 高齢者福祉、児童福祉、障がい者(児)福祉、母子父子福祉活動の支援
  ○ 子育て支援活動への協力

 4.さまざまなボランテイア活動・町民活動を推進するために

  ○ ボランティアセンターの運営並びにボランティアコーディネートの充実
  ○ ボランティアニュースの発行
  ○ 体験学習・ボランティア推進体制整備事業の実施

 5.誰もが安心して生活できるために

  ○ 地域福祉権利擁護事業の趣旨普及
  ○ 成年後見制度事業の推進
  ○ あんしんサポート(日常生活自立支援事業)の推進
  ○ 心配ごと相談所の運営(毎週火曜日)
  ○ 総合生活相談窓口の設置
  ○ 生活援助資金、生活福祉資金、総合支援資金の運用

  6.多様な団体・機関等との連携・協働

  ○ 各種募金運動(赤い羽根共同募金、歳末たすけあい募金、日赤社員増強運動)の推進
  ○ 民生児童委員協議会の活動支援及び連携
  ○ 実習生受入の協力
  ○ 各団体の事務局
    三春町共同募金委員会、日赤三春町分区事務局、三春町民生児童委員協議会事務局、
    三春町老人クラブ連合会事務局

 7.応急仮設住宅等支援事業

  ○ 生活支援相談員の配置により、応急仮説住宅や借り上げ住宅、災害公営住宅に
    居住する避難者の見守り等支援
  ○ 三春町内における応急仮設住宅支援等に関する市町村社協連絡会の開催

 3.町からの受託経営事業

 1.地域包括支援センター(三春町いきいき支援センター)事業

   高齢者や家族等の介護予防、総合的な相談・支援、虐待防止等の権利擁護事業、
   ケアマネジャーへの支援を専門職種の職員により行うとともに、介護予防サービス
   計画作成及び評価を行い、介護予防を推進します。

 2.基幹相談支援センター事業

   障がい者が地域で安心して自立した生活を送っていくために、障がい者が日々の
   暮らしの中で抱えているニーズや課題にきめ細かく対応し、必要に応じて適切な
   障がい保健福祉サービス等に結び付けていくための相談支援を行います。

 3.介護予防事業(にこにこ元気塾)

   高齢者等の要介護状態への進行を予防するため、機能回復訓練として運動機能
   向上・栄養改善・口腔機能の向上を取り入れ、介護予防の事業を実施します。

 4.自立支援デイサービス事業(介護予防のためのデイサービス)

   三春町福祉会館において、高齢者等の自立支援のための機能回復訓練を取り入れた
   高齢者交流の事業を実施します。

 5.緊急通報システム管理運営

   安心して日常生活を送っていただくため、緊急通報装置及び動体センサーを
   電話回線に設置するもので、緊急時に三春町福祉会館に通報します。
   365日・24時間体制で維持管理します。

 6.高齢者住宅管理

   三春町福祉会館に併設された高齢者住宅の施設官営を行います。

 7.福祉会館の管理運営

   高齢者福祉の拠点施設である三春町福祉会館を指定管理者制度により管理運営し
   ます。

 8.高齢者等宅配給食サービス事業

   三春町に在住する高齢者及び障がい者に対し、宅配給食サービスを提供すること
   により、住み慣れた地域社会の中で生活していくことを支援し、高齢者等の保健
   福祉の向上に資することを目的として実施します。定期的(日曜を除く)に自宅
   に昼食の配達を行います。

 9.生活支援体制整備事業

   各地区ごとの地域福祉活動を推進するため、生活支援コーディネーターを配置し、
   情報の収集や提 供等、積極的でよりきめ細やかな活動を展開します。

 10.産後ヘルパー派遣事業

   産後1年以内で、日中の介助者がなく支援の必要な家庭に対し、ヘルパーを派遣し、
   家事・育児の 支援を行います。

 4.介護保険事業

   豊かな地域社会の実現に向かって、地域に根ざした福祉活動を展開し、要介護状
   態又は要支援状態にある高齢者等及びその家族に対し、在宅福祉の基本理念に基
   づき適正な支援・サービスを提供します。

 1、居宅介護支援事業(ケアマネジャーによる介護支援計画作成事業)

 (1) 介護認定申請の代行事務   (2) 居宅サービス計画の作成

 (3) 介護認定調査の委託事務   (4) 居宅サービスのモニタリング(事後評価)

 2、訪問介護事業(ホームヘルプサービス事業) 

 (1) 身体介護   (2) 生活援助   (3) 身体介護+生活援助

 3、三春通所介護事業(デイサービス事業)  

 (1) 日常生活援助(身体介護サービス)  (2) 健康チェック  (3) 入浴サービス

 (4) 食事サービス   (5) 機能訓練   (6) 送迎サービス   (7) 生活指導

 (8) その他必要なサービス

 5.障がい者総合支援事業

 障がいのある方が自分で決定することを尊重し、利用者本位のサービス提供を基本と
 して、障がいのある方が自分でサービスを選択し、契約によりサービスを利用する仕
 組みができたため、在宅福祉の基本理念に基づき適正な支援・サービスを提供します。

 ○ 居宅介護事業

 (1) 身体介護   (2) 家事援助   (3) 日常生活支援   (4)同行援護

   

HOMEへ ≫ 組織概要へ  ページのTOPへ