HOME ≫ 事業紹介 ≫ 受託運営事業(地域包括支援センター事業) 

地域包括支援センター事業  


地域包括支援センターとは?

 地域包括支援センターとは、平成18年4月1日から介護保険法の改正に伴い創設された機関で、地域住民の心身の健康維持や生活の安定、保健・福祉・医療の向上、財産管理、虐待防止など様々な課題に対して、地域における総合的なマネジメントを担い、課題解決に向けた取り組みを実践していくことをその主な業務としています。
 高齢者の生活を総合的に支えていくことのために、保健師、社会福祉士、主任ケアマネジャー等が中心となって、「介護予防に関するマネジメント」「権利擁護」「総合的な相談・支援」「ケアマネジャーへの支援」などを行います。
 三春町地域包括支援センターは、三春町の委託を受け、三春町社会福祉協議会が運営しています。

【基本機能】

 1.地域の高齢者の実態把握や、虐待への対応など権利擁護を含む「総合的な相談
   窓口機能」
 2.新予防給付の予防プラン作成を含む「介護予防マネジメント」
 3.介護サービス以外の様々な生活支援も含む「包括的・継続的なマネジメント」
   

【職員配置】
 
  1.社会福祉士 ⇒ 「総合的な相談窓口機能」
 2.保健師 ⇒ 「介護予防マネジメント」
 3.主任ケアマネージャー ⇒ 「包括的・継続的なマネジメント」 ケアマネジャーの支援

相 談 事 業

   地域包括支援センターは、地域のさまざまな相談を受け付け、必要なサービス提供や

  専門機関につなげます。

  ◎ 相談対象地域   三春町

  ◎ 相談受付時間   月〜金曜日 午前8時30分〜午後5時

                祝祭日や年末年始の福祉会館休館日には、日直が受け付け、

                地域包括支援センター職員に取りつぎます。

介護予防プラン作成

   要支援1・2の方や要介護状態になるおそれのある方のケアプラン作成を行います。

サービス利用料金

 
要介護状態になるおそれのある方のケアプラン作成に関する負担はありません。
 
 要支援1・2の方に関するサービス利用料金について、事業者が法律の規定に基づいて、介護保険からサービス利用料金に担当する給付を受領する場合 (法定代理受領)は、ご契約者の自己負担はありません。
 
但し、ご契約者の介護保険料の滞納等により、事業者が介護保険からサービス利用料金に担当する給付を受領することができない場合は、国の定める介護報酬の全額をいったんお支払い下さい。

地域支援事業

 要支援、要介護状態になるおそれのある方に白山福祉館の自立支援デイサービスを利用していただき、運動機能向上、口腔ケア、栄養改善等の指導を行っています。
  

  

                                                            HOMEへ 事業紹介へ  ページのTOPへ